BLUE HEAVEN

仕事に疲れてしまったあなたが、読んでちょっとでもなごんでくれるとうれしいかも♪

スポンサーサイト

  1. --.
  2. --.
  3. --
  4. (--)
  5. --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モノトーンの勝負師

  1. 2006.
  2. 08.
  3. 01
  4. (Tue)
  5. 00:31
先日、友達との集まりで。
友達の娘(5歳)が、髪に結んできたリボンをほどき
「はかりまぁ~す♪」
と、いきなり私のウエストにリボンを回した挙句
「sayoちゃん、はかれませ~ん♪おなかぷよぷよ~☆」
とほざいた瞬間
   「しばくぞ、ワレ!」
と5歳児に本気で手を出しかけたsayokoです、こんばんは

これだから子供って・・・・

さて。
8月から新しい仕事が増えるため、最近は忙しくて
ブログの更新もままならない私ですが
(↑と、何気にサボりを言い訳中)
そんな私が何気にはまってしまっているものがあります。

それは・・・・恥ずかしながら・・・

   ☆オセロ☆

なんである。

時間のあるときにブログめぐりなんかしてると
ゲームパーツをつけてる管理人さんがいらっしゃる。
ちなみに私が大好きな霊媒体質のshisutaさんちもそうである。

オセロと言うのは、小学生にだってできる、
ルールは簡単ながら案外奥深いクラシカルなゲームである。
誰だって一度は経験があるはずだ。

三十路オンナが一人で
PCに向かってもくもくとオセロに興じてる姿は
正直なところ彼には見せたくない。

っていうか・・・ホントは誰にも知られたくない!

だけど・・・はまっているのである。30をいくつも超えたオンナが。

なぜはまっているのか。自分でも理由はわかっている。

私はオセロが非常に苦手なのだ・・・。

・・・なぜ私は全世界に向けて自分の恥を暴露しているんだろう

でも、言っちゃったモンは仕方がない。
苦手なものも仕方がない。
そう!私はオセロで勝ったことがないのだ!(←情けない

勝ったことがないどころか、負けっぷりがまた見事なのである。
自分の色の石が1ケタ、と言うことも少なくない。
なんせ相手に同情され、手加減されるくらいに弱いのだ。


小学生の頃、幼稚園生だった妹に勝ったのが勝利の最後の記憶。

それも、脳が未発達の幼稚園生が「ななめ」をひっくり返すのを
見逃してるのを、卑怯にもそのままにしておく、
という姑息な手段を使った上での勝利である。

これが自分だと思うと情けない・・・・
あまりの情けなさに、おいら、涙が出ちゃうよ

オセロって言うのは、みんなが知ってるけど
友達同士で集まっても真剣勝負をする機会がない
なかなか珍しいゲームだ。

ちなみに、かなりの余談だが、私の友達の間で
一時期「モノポリー」がすごく流行ったことがあった。
毎週のように誰かのうちに集まってモノポリー大会をやっていた。

そして、私はモノポリーはものすごく強いのだ。
はっきり言って負けなし!

それもメンバーを全員破産させての勝利である。
おかげで今でも「悪徳不動産屋」だの「土地成金」だのと言われる。
(ゲームだっていうのに~

罰ゲームがあるからみんな必死だったし
(だって、罰ゲームは
『バドガールの衣装で夜道で男性に挨拶をする』 
とかだったんだもん)
最後は他のメンバーに囲い込みを受けたが、それでも負けないのだ。

おっと。自慢してたら横道に逸れすぎちゃった。


こんな私なので、一度本気で妹に負けてしまってから
オセロには手を出してない。

だから、私はオセロにおける
「勝つ手段」だとか「戦略」だなんてものに無縁のまま
この歳まで生きてきてしまった・・・。

ところが!である。
最近はネット上で、ソフト相手にオセロができる。
おまけにこの「ミニオセロ」、そんなに強くないのだ。

ここまで弱い私に

     オセロで勝つ!

と言う快感を与えてくれるのだ

今までのコンプレックスが払拭されていくような快感!
これはもうやめられない。
何度も何度も勝負したくなってしまう!

・・・・そして。

気づけばひとつも片付いていない仕事。
時計は既に「ヤバイ時間」になっている。
締め切りは目前だ。

そこへ電話が鳴る。

「sayokoさん、どこまで終わりました~?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「あっ順調です~。でもちょっと体調が悪くて・・・ごほっ」
「そうなんですか。大丈夫ですか~?
こちらは締め切りまでに上げてもらえれば全然かまわないですから~。無理しないでくださいね~。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・


ここまではまっているのに、「オセロ!勝利への道(対人編)」は
私の前にまだ開けてはいない
スポンサーサイト

彼と二人で異国に逃避行♪

  1. 2006.
  2. 07.
  3. 26
  4. (Wed)
  5. 23:46
不覚にも「おうちで熱中症、再びに見舞われ
この2日間思うように動けずにいたけれど、なんとか復活し外出したら
私の横を歩いていた女の子が私を抜こうと頑張って歩いていたので、
つい張り合って足を速める炎の勝負師sayokoです、こんばんは

小学生相手に張り合ってどうするんだ、おい!

という突っ込みは無しでひとつよろしく。
これでも「ちょっと大人気なかったかな~」と反省中なので

でも、彼女に一言言いたい。

アタクシを出し抜こうだなんて10年早いわ!ふん!

勝負を仕掛けてきたのはキミなのだから、本気で勝負を受けてたった
私に感謝することね、ふふん

・・・ああ。負けず嫌い


こんな私ですが、先日彼とデートしてまいりましたふふ
ということで、今日はノロケで~す♪

だって、デートレポだもん♪

この間のお休みの日は彼とデートでした。
午前中の用事を済ませて彼のお部屋(きゃ♪)へGO!

一緒にお部屋でお昼を食べて、二人でまったり
sayokoはお出かけデートも好きなんですけど、
おうちでまったりデートも大好きなんですね~。
まあ、

   大好きな彼と一緒なら幸せ♪

ってコトなんですけど

で、夜になって一緒にごはんを食べに出かけました。
行き先は近くのタイ料理屋さん

実はこのお店、外から見ると結構アヤシゲな感じで
今まで入ろうとも思えなかったお店。
ところがつい最近、「このお店はおいしい!」という情報を
ネットで見つけてしまったのです。

彼の家からも近いということで、いつかここのタイ料理屋さんに
トライしよう!と二人で決めていたのです。

いざ出陣!おいしいタイ料理を食べるのだ~

アヤシゲなビルのアヤシゲな階段を上り、どう見ても
「風営法にひっかかりそうなお店の居抜き」な店のドアを開けます。

と・・・・そこに広がるのは

   ここってぼったくりバー?

入り口付近から奥に向かって伸びるカウンター。
天井から下がる、安っぽい白とブルーのイルミネーション。
その奥のテーブルには大音量のカラオケで熱唱するタイ人カップルと
タイ人女性を横にはべらせる男性二人。

そしてなによりも・・・

この店、窓が全部つぶされてる・・・・

異常なまでに落とされた照明が店内の暗さとアヤシサを増長!
キケンなにおいがぷんぷん!

思わず踵を返して、今来た道を戻りたくなるアヤシサ!
このお店に入ろう!と提案した自分を一瞬恨みました

それでもそのまま帰るわけにも行かず、多少の好奇心もあり
彼が一緒という心強さも手伝ってそのまま店内へ足を進めました。

まるでタイのダウンタウンで、地元の人しか来ないアヤシイ店に
いるような気分になりつつ、日本語のメニュー(←当たり前?)
(だって日本語メニューがあるのが不思議なくらいの雰囲気!)
を見て、カオパット(タイ風焼き飯)とグリーンカレーをオーダー。

その間もずっと大音量カラオケは続きます。
それもタイ語!(だと思う。だって歌詞が全然読めないんだもん)
二人でしっぽり晩ごはんのつもりが・・・

  声張り上げないと会話が通じない!

お料理が出てくるまでかなり時間がかかったのですが
その間、彼と私は普段の3倍くらいの声量で会話をしてました。
そして、それとなくお店の中を観察。

このお店、どうやらタイ人のおね~さんがテーブルについてくれる
らしい・・・(はっきりとは確認できなかったけど)
今日は私が一緒だから、私たちのテーブルにはつかなかったけど
もしかして彼が一人で来たら、おね~さんがテーブルについたかも!

彼もそんな雰囲気を感じたらしく、私が
「一人で来たら、おね~さんがついてくれたかもね~」
と言ったら、彼は
「やだよ、そんなの。いらないよ~!」
って言ってました。よかった

地元にいながらちょっとどきどきの海外旅行気分♪
『アジアのカオス』を感じつつ運ばれてきた料理を口に運びました。
お料理はホントにおいしかったです♪

おいしかったんですけどね・・・

   このお店、怖くてもう来られない・・・

おいしいものを食べるためなら大体はクリアできるsayokoですが
このお店は・・・・多分無理な気がします。
ランチだったらもっと雰囲気は違うのかしら。

う~~ん・・・・今度はランチにトライしてみようか。
(ってやっぱり来るつもりなんかい!)
でも、あのグリーンカレーは気に入ってしまったのだ!

でも一人じゃ行かれない。やっぱり彼を誘っていこうっと♪

ところで。

これ、ちゃんとノロケになってます?
なんだかまたビミョーにずれてる気もするんですが・・・。

ようやくフェスレポ!(かなり偏りあり)

  1. 2006.
  2. 07.
  3. 24
  4. (Mon)
  5. 23:53
久々におしゃれな都会に出て、こじゃれたランチしようとしたのに
自分の食べる量を考えたら
「とてもじゃないけどこんな高い所には入れない・・・」
と、コストパフォーマンス優先のサンドウィッチで済ますしかなかった
セレブな大食漢sayokoです、こんばんは

・・・私は一生、しゃれたお店なんて縁がない気がします

さて。
みなさまが待ちに待った(え?待ってない?)ap bank fes'06の
レポートです。今日こそ「MUSIC」カテゴリにふさわしい内容よ

でも、異常なほど長くなってしまいましたので『続き』扱いにさせていただきます。
嗚呼・・・もっとすっきりした文章が書きたいよ~

ようやくフェスレポ!(かなり偏りあり)の続きを読む▽

愛情と欲望の狭間で・・・

  1. 2006.
  2. 07.
  3. 21
  4. (Fri)
  5. 19:11
昨日、睡眠時間を削れるところまで削って
ぎりぎりの仕事を終えた後、泥のように眠り底なし沼のように食らった
今は自らの欲望のみに生きるオンナsayokoです、こんばんは
(お肌の回復力も体力も落ちてるから、こういう綱渡り的な生活は
もうやめたい今日この頃・・・)

あ~、よく寝たよく食った

「お仕事は計画的に」っていう言葉からは程遠い
自分の生活に一抹の不安を感じつつ
今は「食欲」と「睡眠欲」という人間の2大欲求を満たし
テンションあがりつつあるsayokoでございます。
では、ap bank fes '06のレポートなぞ。
(先日の愛に生きる女たちの伝説
「これってMUSICカテゴリ?」との疑問をいただきやがりましたので
今日こそ音楽的な観点からレポートさせていただきます!
ご期待ください!


さて。
東海道線普通電車の長旅を耐え抜き掛川駅に降り立った私たち。
3時間半座りっぱなしの痛いお尻をかかえて、ライブ会場である
「ヤマハリゾートつま恋」へのシャトルバスに乗り込みます。

そこで感じる微妙な違和感・・・・

そう!客層がサザンのライブのときと全く違うのです!

今回のフェスはミスチルの桜井さんとプロデューサーの小林さんが
中心となっているフェスですから、ミスチルファンが多いのは当然。
サザンファンなんて2割いればいいほうだと思ってました。

いわゆる「アウェー」状態です。
いつものライブの客層と違うのは覚悟してましたけど・・・

ミスチルのファンはなんてったって若い!
みんな若くてぴちぴちです!(←既に表現がオヤジ・・・

・・・桑田さん、ごめん。若くない私たちがファンで・・・

シャトルバスに乗っても、会場についても
自分たちだけがなんだか浮いてるような気がしてならない!

ここには厳然とした20代と30代の壁が存在してました。

そもそもシャトルバスを降りてからの歩行速度がちがう!
私たちがいつもよりも頑張って早く歩いてるつもりなのに
若者たちはそんな私たちの横を、苦もなく抜き去っていくのです!

・・・私たち、そんなに年取ってる?

だらだらと、でも延々と続く坂道を登りながら
自分たちの年齢と体力の無さを恨みました。
ついでに、自分たちと20代の若者との足の長さの違いも!
やっぱり若者は足が長い!(←速度差は『体力問題』ではなく
『物理的問題』であると信じたい・・)

ああ・・・地球の引力が憎い!自分の育った時代が憎いっ!
ここから転がる速さだったら若者に負けないのに~!

・・・でも、こんな私ですが、若者に負けないものがまだありました。
それは・・・事前調査♪

もちろんフードコートの♪

このフェスはエコロジー企業を支援するap bankが主催してるだけに
オーガニック食材を使ったいろんな料理が出てるんですよね~
フード&グッズコートが2つもあるし♪
ってことは・・・

いろんなものがいっぱい食べられる♪

   なんてフェスって美味しいの~~


ということで、sayokoは事前にap bankのフードブースについて
綿密にリサーチしてました。
方向音痴は自認してますから、フードコートの地図もばっちり印刷。
長い長い電車の旅の中で予習もばっちり
「ここで、キーマカレー食べて~、ここで黒豚のソーセージ食べて~
石釜焼きのパンでしょ~、アイスは2つは食べなきゃいけないし・・・」

おいおい、夏フェスに何しに来てるんですか?

友達にも
「sayokoは食べ物のことしか目に入ってないよね~」
「食べ物もことはsayokoに聞けばなんでもわかるよね~」

いや、一応桑田さんに逢いに来た・・・つもりなんですが


ところでsayokoの戦績(どれくらい食べたか)ですが・・・

実はあまり食べられなかった・・・

お昼にキーマカレーとサモサ。
途中の休憩で黒豚のソーセージ。これだけです!

狙ってた石釜焼きパンも、アイスもソフトクリームも
タコライスもガンボカレーもビビンバも・・・

自分の胃に限界が来て断念!

ああ・・・胃までもが年を取ったのかしら・・・

そして。
今日もブログの方向性を見失った私。
このエントリを「MUSIC」カテゴリに入れていいのか迷うところです。


・・・・ま、いっか

愛に生きる女たちの伝説

  1. 2006.
  2. 07.
  3. 18
  4. (Tue)
  5. 18:13
”夏なんかだいっきらい!”と豪語してるくせに
愛するサザン・桑田さんのためならば
”暑い!熱い!蒸し暑い!”で熱中症必至の夏フェスに乗り込む
桑田さんへ愛を捧げる純愛路線一直線sayokoです、こんばんは

ってことで、昨日ap bank fes '06に行ってまいりました。

何しに?そりゃ~、桑田さんを見るためですよ、ええ。
sayokoは桑田佳祐命ですからね。遠路も問わないわけですよ。

   掛川くんだりまで行ってきましたよ!

ap bankというのは・・・
Mr.Childrenの桜井さんと音楽プロデューサーの小林武史さん、
教授こと坂本龍一さんが中心になって環境保全のためのプロジェクトに低利で融資する、っていう非営利団体なんです。
で、このfesの収益はap bankの資金に回されて、また融資されるという

参加すればあなたもエコロジー♪
(ホントはもっといろいろあるけど・・簡単に言っちゃってごめんなさい!)

な夏フェスです。
去年から始まってるんですけど、今年は桑田さんが出演!

ということで、出演が発表になった瞬間、私のサザン友達の間では
その日からメールが飛び交いました。

ap bankのフェスは、基本的に桜井さんが属するミスチルがメイン。
ゲスト出演ということは桑田さんに与えられる時間もわずか。
曲目はいいところ3曲、というのが私たちの予想でした。
ということで、私は「暑いの嫌いだし~遠いし~熱中症怖いし~」
と行かない方向で考えてました。(←だからチケットも取ってない)

   がっ!

サザ友はみな、私が行くもんだと頭から決めてかかってる!
「いや~。遠いし暑いし・・・3曲じゃね~」
と言ってるのに、チケットゲットした友達からは
「え?sayoko、チケットないの?じゃあ、探してみる!」
と、友達の友達までツテを頼って探してくれる始末。

  ・・・誰か私の話をちゃんと聞いてください

そうして無事(?)私の手元にチケットが送られてきました。
・・・・・・なぜ?

いろんな地域から参加するサザ友たち。
掛川までの交通手段も様々です。

仙台から夜行バスで参加する友達。
北海道から飛行機&前泊する友達。
首都圏から新幹線参加、ライブ堪能するために後泊する友達。
静岡からなのに一駅だけ新幹線に乗る友達・・・

「ど根性組」と「根性なし組」のカラーがはっきり出ています。
(彼女たちの名誉のために言いますがサザンに対する愛はみな「ど根性」です。ホントに)

ちなみに・・・私は
横浜から東海道線(普通)で延々3時間半もかけて参加いたしました
私も結構「ど根性組」?

普通の人はみな新幹線を使うそうですね。
でも、仕方ないよね。私、清貧生活送ってるもの!


でもね、いるんですよ。(3曲のために)特急料金を払いたくなくて
鈍行で3時間半も電車に揺られても大丈夫な輩がっ(3人も!)

そのために朝は3時起き。4時半には家を出ましたよ。
起きたら周りは真っ暗で、駅には朝帰りの若者がいっぱい

そして待ち合わせ場所で始めて気づいた事実・・・。

首都圏普通車組は全員方向音痴!

顔あわせる前に気づきたかった・・・
誰を頼ればいいの・・・・?

方向音痴な人間は交通費をけちる習性でもあるんでしょうか?
はたまた、交通費をけちるから方向音痴になるんでしょうか?
交通費だけじゃなく、方向音痴は基本的にけちなんでしょうか?

ああ・・・知りたい。
誰か「方向音痴の習性と傾向」っていう研究を
やってくれませんかね。

はっ!しまった!
「MUSIC」カテゴリらしく、フェスの内容をお届けするはずだったのに!
ブログの内容までが道をそれている・・・・

私、道だけじゃなくブログまでもが「方向音痴」?

   誰かたすけて~~!!!

side menu(1)

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Powered By FC2 blog

FC2Ad


【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template: retro-chic_rose

side menu(2)

プロフィール

sayoko♪

Author:sayoko♪
やりたいことはやっちまえ!な性格。
(昔よりはガマンも憶えたけど)
天才的ともいえる方向音痴。
変わり者のAB型と呼ばれることに快感を覚えるマイナー志向。
サザンとアイスを偏愛してます♪

こんな私ですが目指すは
無謀にも「マチュアな女」。
バイブルは森瑤子さんの本☆
いつか与論島にいきま~す!

コメント大歓迎♪リンク大歓迎♪
sayoko、泣いて喜び、
お礼にうたって踊ります。
・・・お見せできないのが残念です。

カレンダー

05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。